動物の本、通販へ

2010年05月24日

緒礼停止になる連歌好きの鼠君

連歌が大好き、大好きな鼠さんのお話。

連歌がとっても好きなので今日もなにか面白いいい連歌ができないか考えています。

しかし、考えすぎて考えすぎてしまい、もう寝る時間。

考えすぎて寝ることができなくなる前に、考えなければなりません。

そこで鼠くんは、考えました。

そうだ!

なにか考えなくてはいけない、と。  はやく  もっと はやく 考えなくてはいけないと。

そこで鼠君は考えました。

そうだ! そうだ! そういうことだったのか。

もっと もっと早く考えば いいんだ もっともっともっともっと早く考えれば、もっと早く寝ることができるんだと。

そこで鼠くんはもっともっと もっと20乗くらいのスピードくらいで考えようとしました。

でも時間は無常にも刻々刻々とゆっくりとゆっくりとフル時計のように過ぎていきます。

そんなフル時計の音と振り子の姿をみていると、思考停止ではなく、

緒礼停止になるのです。

緒礼停止とは、良く歌会などでわずらわしい礼式などしていたら時間やよけいなことに気を使ってしまい、本題の歌会に集中してじっくりやれないということで、前座にあたるご挨拶などは止めておき、すぐに本題に入りましょうということらしい。

これを知った鼠君はすぐに寝てしまったのでした。
posted by doubutsubook at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ねずみの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

竜の大きな挑戦

ハノイの塔に突然のFUOの不時着! さてどうなる?

A龍王の塔、 B龍王の塔、 C龍王の塔という 三ヵ所に大きな塔があり、

そこに、驚くことに、A龍王の塔のところに、大きな円盤UFOが四つ重なり着陸したのです!

でも電源が切れて動かなくなりました。

そこでA龍王は、こまり果てて、B龍王のところに全部移動することを要求し、あっさりとB龍王は承諾しました。

難しいことが2つあって、それは、Aに重なった円盤UFOは、一番上のものが一番かるく 2番目のものがその次に重く、3番目、4番目が一番重いのです。A王様から命令されたことは、そのUFOを絶対に壊してはならないとのこと。

その命令とあと一つは、絶対に塔以外にの地面などには置いてはならないとのこと。C龍王の塔をつかっていいことは了解済みです。

そこで賢い龍たちは早速移動に取り掛かりました。次のような手順で。

1番目のUFOをA龍王の塔からC龍王の塔に移動しました。
2番目のUFOをA龍王の塔からB龍王の塔に移動しました。
1番目のUFOをC龍王の塔からB龍王の塔に移動しました。
3番目のUFOをA龍王の塔からC龍王の塔に移動しました。
1番目のUFOをB龍王の塔からA龍王の塔に移動しました。
2番目のUFOをB龍王の塔からC龍王の塔に移動しました。
1番目のUFOをA龍王の塔からC龍王の塔に移動しました。
4番目のUFOをA龍王の塔からB龍王の塔に移動しました。
1番目のUFOをC龍王の塔からB龍王の塔に移動しました。
2番目のUFOをC龍王の塔からA龍王の塔に移動しました。
1番目のUFOをB龍王の塔からA龍王の塔に移動しました。
3番目のUFOをC龍王の塔からB龍王の塔に移動しました。
1番目のUFOをA龍王の塔からC龍王の塔に移動しました。
2番目のUFOをA龍王の塔からB龍王の塔に移動しました。
1番目のUFOをC龍王の塔からB龍王の塔に移動しました。

無事に全部、B龍王のところに移動できたころには、
龍たちは、まったく疲れもせず、ぜんぜんへっちゃらでした。

むしろ、「俺なら100の円盤でも楽に移動できるぜ」と豪語するものもでていました。しかもその豪語した後には、相当の時間を掛けて実際に移動させることを試したものもいたそうですが、実際できたか、それとどれくらい時間をかけたかは、皆さんのご想像にお任せします。

posted by doubutsubook at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | たつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。