動物の本、通販へ

2010年06月29日

猪の詩

ひさびさの深夜の更新になりました。猪の詩のはじまりはじまり。

さて今回は猪の話でとても面白いはなしをはじめてみましょう。

真夜中に聞く猪の話では、怖い部類にはいるかもしれないので、怖がりの人は、やめておいたがいいかもしれません。

さて前おきの脅かしはこれくらいにして。

これは実話であったか実話でないかは、それほど大事ではなく、実際にこれから起ころうとしてるのか、それとももう既におきてしまったことなのかも重要ではなくて、この話を聞いているひとがいて話を使用としてる人がいること自体が重要でもなくて、なにが重要かというと、猪の言葉をしる人にしか分からないということでもなく、猪の言葉をしらない人にも分からないということでもなく、中立的なたちばでもなく、うまく言えばどちらでもありどちらでもなくて、どちらかでもなくて、それらすべてでも、それいがいでも、また・・・・

今遠い宇宙へと野生の猪がまた飛び立ちました。


posted by doubutsubook at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | いのししの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

太った強い猪の役割と生活

日本古代から?親しまれてる動物であるいのしし。
今回はそんないのししさんのお話です。

いのししの好きな花モンゴリアを主食にするいのししさんのお話。

4月〜7月初旬にかけて(約3〜4ヶ月)、強い香りを持続的に放つモンゴリアの花を求めていのししたちの旅がはじまります。

それ以外の期間はいのししは冬眠しているか、寝ているか、何をしているかまだよくわかっていません。

遠い昔の今ではみつかっていない新種のいたいのししの種族の話です。

とてもとても高い樹に咲くこの花はいのししさんにとってはちょっとむずかしい。
簡単に花のほうに近づけて食べれる子いのししや小さい体つきの大人のいのししもいれば、太ってなかなか食べられないいのししもいます。

なかなか食べられない猪に、手助けしてくれるいのししはほとんどいないようで、大部分が引き締まった体つきでやや小柄の体系が多いです。それでも太ったいのししは、上に登っているいのししを外部の大型動物から守る役割もあるようで、粉や小さく砕かれて落ちてきた僅かについた花のかけらや枝などをたべて強くいきています。

また、この樹は他感作用という物質を枯葉などにもっていてすぐ近くには外の樹が生えこないのでこの樹以外はなく広々としていて気持ちがいいのですが、同じ種類の樹はこれ一本以外は生えてきません。

なので見つけた樹はたいへん貴重なものなので、皆たべられる分のわずかだけを食べてはまた移動をします。なぜなら食べ過ぎると下痢やいのししに対して多感作用(つまり死)を起こしてしまうことを感覚的にしっているのです。

この樹の寿命は60年前後でそれほど大きくないので、それほどたくさん咲く樹でものないので
食べられたあとはまた遠くまで、このモンゴリアの花の咲く樹を探しに出発するのでした。

そして落葉してしまう季節になるといのししたちもどこかへといなくなるのでした。

ちなみにいのししの寿命のこの頃の寿命は4〜10年 長いものでは30年〜40年とかなりの開きがありますが、昔にしてはかなりの高寿命?
posted by doubutsubook at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | いのししの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

たった数十匹の猪の宇宙への旅立ち

90000匹もの猪の遺族の子供たちに、8年間で3匹あたり3億円ずつを支給することを閣議決定されました。

総額:90000億(9兆円)


しかし、決定されたのは、隕石が衝突する30分前のこと。

隕石衝突後、一夜にして国家は破綻、国債の負債は一気に1000兆近くにもなり、
国家間の戦争も勃発し始める中、いのししたちは数を減らし8年間でわずか数十匹にまで減らし宇宙への探索に旅立つのです。

posted by doubutsubook at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | いのししの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

高度な猪の星

多くの多種多様な好みや考えをもったいのししの住む地球。

いのししがこの世に現われてから約6億年。人より犬より前にあらわれていたいのししたち。

途方もない月日が経過しているが、まだまだ各地で争いが絶えない。

多くの国が栄え文明が発達しては、また滅び、原始にもどりまた発達していき滅びゆき最初にもどるという繰り返しの歴史。


いのししらしいとは いったいどういうことなのか。・・・・ 歴代いのししの国家は考えていました。


あるたいへん栄えた文明は、いのししの住む地球以外にもいのししのすむ惑星にいくことができました。

もちろん、言葉も風習も文明も違う星に住むいのししたち。

いのししの住む惑星はいくつもあることを知っていましたが、すべてのところに行くことはことはできません。

より高度な文明をもったいのししの住む惑星にも行くことを許されていましたが、文明がほろびゆくとともにその惑星へ行くことも許されなくなってしまいました。

そういう先祖の歴史があったことを今のいのししたちは知っているのでした。

その記録されたものを「いのししの惑星えかびらな」と呼ばれてるとのこと。
posted by doubutsubook at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | いのししの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。