動物の本、通販へ

2010年05月14日

寿命2〜300年の犬の主食

人間と相性のいい動物である犬。
今回はそんな犬さんのお話です。

犬の好きな花モンゴリアを主食にする犬さんのお話。

4月〜7月初旬にかけて(約3〜4ヶ月)、強い香りを持続的に放つモンゴリアの花を求めて犬たちの旅がはじまります。

それ以外の期間は犬は冬眠しているか、寝ているか、何をしているかまだよくわかっていません。

遠い昔の今ではみつかっていない新種のいた犬の種族の話です。

とてもとても高い樹に咲くこの花は犬さんにとってはちょっとむずかしい。
簡単に花のほうに近づけて食べれる子犬や小さい体つきの大人の犬もいれば、太ってなかなか食べられない犬もいます。

そんな時は手助けしてくれる犬もいるようです。まったく手助けされてないのに、ヌクヌクと太ってる犬もいるようです。

また、この樹は他感作用という物質を枯葉などにもっていてすぐ近くには外の樹が生えこないのでこの樹以外はなく広々としていて気持ちがいいのですが、同じ種類の樹はこれ一本以外は生えてきません。

なので見つけた樹はたいへん貴重なものなので、皆たべられる分のわずかだけを食べてはまた移動をします。なぜなら食べ過ぎると下痢や犬に対して多感作用(つまり死)を起こしてしまうことを感覚的にしっているのです。

この樹の寿命は60年前後でそれほど大きくないので、それほどたくさん咲く樹でものないので
食べられたあとはまた遠くまで、このモンゴリアの花の咲く樹を探しに出発するのでした。

そして落葉してしまう季節になると犬たちもどこかへといなくなるのでした。

ちなみに犬の寿命のこの頃の寿命は2〜300年 長いものでは2000年〜4000年とかなりの開きがありますが、亀千人のような伝説の話みたいで、まだよくわかっていません。


posted by doubutsubook at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | いぬの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

ノアの宇宙船、地球の生命保険と地球船の保険

まずタイトルにある「ノアの宇宙船、地球の生命保険と地球船の保険」の言葉を少し詳しく説明。

ノアの宇宙船とは、地球のことです。

我々 犬は、地球という大きな乗り物に乗っています。そしてその大きな地球には、過去になんども隕石が衝突したりし、尊い命が消えていきました。

中には衝突してくる大きな隕石には高度な文明をもった大気圏の高熱にも耐えるシェルターを持った犬族もいましたが、不運にも衝突時の衝撃には耐えられず、多くが亡くなりましたが衝突前の僅かの間に、ごく少数だけ脱出できる子供たちもいました。

そんな長い歴史の教訓をもとに、地球に衝突して亡くなった遺族・住まいなどに償いをしようと地球船保険制度ができあがりました。

事故を起こした側で亡くなった人の遺族に支払われるお金と
事故を起こされた側の遺族に支払われるお金や
事故を起こした側や起こされた側の生活の場所への保証金
へ保険をかけることができるようになりました。

隕石が衝突してくることは10年に一度とか100年に一度とかの割合のように短い期間の間におきるのではなく、長い年月の経過ごとに起きることが多いので掛金はとても小さいですが世代に渡って積み立てられれば、相当の額になります。

それも人類ではなかった、犬類でしたね。 そうそう犬類全体で積み立てていくのだから金額は相当なものになっていきます。

たとえば、もし、隕石が落ちてきて、1000万人の人命じゃなくて、・・またまちがえましたね。・・犬命が奪われてしまって、遺族に1億円ずつを保証するために必要な一匹の犬の生命保険に支払う年間支払い金額は254,750,000,000円( 約250億円 なり)

これを分割で支払うとなると、
月々は2,335,000,000円( 約23億円 )
最初の月だけは4,670,000,000円( 約47億円 )

ちなみに万が一事故が起きたときに支払われる金額は以下だから、上金額は頷ける?

対人保険金額;10,000,000億円( 1000兆円 )
対物保険金額:500,000億円( 50兆円 )
搭乗者保険金額:1,000,000億円( 100兆円 )


到底、一匹の犬が毎月23億円ものお金を支払えるわけがないですが、
これを1000匹で単純に割り、2300000円になり、さらにこれを800年(1年=12ヶ月なので9600ヶ月分)分で分割するとあら239円になり、毎月239円づつ積立ていけばいいことになりますね。

大事なのは、ここで、ご先祖さまからの財産をちゃんと使わずに残しておいて始めてなりたつことですが、こういう長いスパンで考える保険も必要ですよね。
posted by doubutsubook at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | いぬの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

犬に見習う人類

多くの多種多様な好みや考えをもった犬の住む地球。

犬がこの世に現われてから約4億年。人より前にあらわれていた犬たち。

途方もない月日が経過しているが、まだまだ各地で争いが絶えない。

多くの国が栄え文明が発達しては、また滅び、原始にもどりまた発達していき滅びゆき最初にもどるという繰り返しの歴史。


犬らしいとは いったいどういうことなのか。・・・・ 歴代犬の国家は考えていました。


あるたいへん栄えた文明は、犬の住む地球以外にも犬のすむ惑星にいくことができました。

もちろん、言葉も風習も文明も違う星に住む犬たち。

犬の住む惑星はいくつもあることを知っていましたが、すべてのところに行くことはことはできません。

より高度な文明をもった犬の住む惑星にも行くことを許されていましたが、文明がほろびゆくとともにその惑星へ行くことも許されなくなってしまいました。

そういう先祖の歴史があったことを今の犬たちは知っているのでした。

その記録されたものを「犬の惑星ならべかえ」と呼ばれてるとのこと。
posted by doubutsubook at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いぬの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

歴史は繰り返す泥棒犬の話

一生かけて600円〜1,600円の間で貯めた犬さんたちがいました。

毎日毎日、雨の日も風の日も寝ている時以外はずっとはたらき続けてる犬さん。

若いときに600円〜1,600超円の間の額をためたら、一生の間づっと好きなことをやり働かずに、それほど贅沢をしなければ暮らしていけると思い立ち、来る日も来る日も毎月毎年毎年、・・・気づいたときには100歳目になっていました。

ちょうど残った財産が600円〜1,600円の間の額になり、子供もいませんのでどうしたらいいかわかりませんでした。

もう私にお金を使う時間もありません。

そこで犬さんは暫し考えました。

なぜ、毎日毎日希望を持ち働かせてくれたものはなんだったのかと。

それは、古人(今は分からない先祖のまたその先のご先祖さんたち・・・)から受け継いだ伝統からくる強い力を感じたからだと。

それに気づいた犬さんは、小さな神社のようなものを建てることを決心!

そこは、お金はそれほどかからなかったようですが、今でも参拝客がたえることがないとのこと。

ある時、泥棒が入り中にあった御祭神のようなものを奪い全て焼き払いました。

そしてそこに書かれていた言葉に「財宝の有りかなどの文言」を読むや直ちに、

泥棒はそのお金で再建しお金を貯めてまじめに働き、もとの場所に返したとのこと。

posted by doubutsubook at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | いぬの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。