動物の本、通販へ

2010年05月14日

寿命2〜3週間のにわとり

人間にも親しまれているにわとりの話です。

にわとりの好きな花モンゴリアを主食にするにわとりさんのお話。

4月〜7月初旬にかけて(約3〜4ヶ月)、強い香りを持続的に放つモンゴリアの花を求めてにわとりたちの旅がはじまります。

それ以外の期間はにわとりは冬眠しているか、寝ているか、何をしているかまだよくわかっていません。もしかしたらお寺や寺院もしくわペットとして飼われたふりをしてるのかもしれませんがよくわかっていません。。

遠い昔の今ではみつかっていない新種のいたにわとりの種族の話です。

とてもとても高い樹に咲くこの花はにわとりさんにとってアサメシ前。
簡単に花のほうに飛んではいくつかを食べては地へ戻ってきます。

また、この樹は他感作用という物質を枯葉などにもっていてすぐ近くには外の樹が生えこないのでこの樹以外はなく広々としていて気持ちがいいのですが、同じ種類の樹はこれ一本以外は生えてきません。

なので見つけた樹はたいへん貴重なものなので、皆たべられる分のわずかだけを食べてはまた移動をします。なぜなら食べ過ぎると下痢やにわとりに対して多感作用(つまり死)を起こしてしまうことを感覚的にしっているのです。

この樹の寿命は60年前後でそれほど大きくないので、それほどたくさん咲く樹でものないので
食べられたあとはまた遠くまで、このモンゴリアの花の咲く樹を探しに出発するのでした。

そして落葉してしまう季節になるとにわとりたちもどこかへといなくなるのでした。

ちなみににわとりの寿命のこの頃の寿命は2〜3週間 長いものでは2年〜4年とかなりの開きがありますが、
まだよくわかっていません。

まるでセミのようでセミでない不思議な生き物。

posted by doubutsubook at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | にわとりの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

全員が生命保険加入義務の国

日本の古代から?親しまれている鶏。

その鶏の建設した国家の国営生命保険はまぁまぁ安くて、国民全員に

年間約1万8千円の義務を行いました。もちろん死亡時にはお金が支払われ、その金額は 5000万円

しか〜し。自動車保険金の場合は以下の通り。

年間支払い金額は 17,8万円(おおよそ18万円)
分割では 1.63万円
最初の月は 3.26万円

ちなみに万が一事故が起きたときに支払われる金額は以下の通り。

対人保険金額;5000万円
対物保険金額:500万円
搭乗者保険金額:2000万円

人から見るとちょっとたりないかな?

にわとりさんたちはもう少し支払う保険額を安くならないものかと日々悩んでいるようで、

様々な保険会社が日々魅力的なサービスを試みものもでは、一部のにわとりさんたちの間で評判のようですが、まだ国営のように広く普及するところまでは行ってはいないようです。


これは今の鶏の国の話でもなく、遠い未来の5000円で家が一軒買える時代の話で、5000万円だと家が1万件買えることになり相当な額だということがわかるでしょう。

う〜〜〜ん・・・ 未来の鶏の家って どんな家かみてみたいものですよね。

ここでちょっと注目したいのは、自動車で事故を起こしたときに搭乗者に支払われる金額です。

事故を起こし亡くなった相手だけでなく、いっしょに乗っていた人にも2000万円づつ支払われるというものです、。

もしバスに50万人乗車していて皆亡くなってしまったら10億円が国から支払われることになります。
 
う〜〜〜ん・・・

飛行機の保険とかあったらどうなのでしょうかね。
posted by doubutsubook at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | にわとりの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

伝説のにわとり

多くの多種多様な好みや考えをもったにわとりの住む地球。

にわとりがこの世に現われてから約40億年。地球誕生から6億年後くらいにどこからともなく現われた伝説の鳥。

途方もない月日が経過しているが、まだまだ各地で争いが絶えない。

多くの国が栄え文明が発達しては、また滅び、原始にもどりまた発達していき滅びゆき最初にもどるという繰り返しの歴史。


にわとりらしいとは いったいどういうことなのか。・・・・ 歴代にわとりの国家は考えていました。


あるたいへん栄えた文明は、にわとりの住む地球以外にもにわとりのすむ惑星にいくことができました。

もちろん、言葉も風習も文明も違う星に住むにわとりたち。

にわとりの住む惑星はいくつもあることを知っていましたが、すべてのところに行くことはことはできません。

より高度な文明をもったにわとりの住む惑星にも行くことを許されていましたが、文明がほろびゆくとともにその惑星へ行くことも許されなくなってしまいました。

そういう先祖の歴史があったことを今のにわとりたちは知っているのでした。

その記録されたものを「にわとりの惑星ならべかえ」と呼ばれてるとのこと。
posted by doubutsubook at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | にわとりの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

鶏たちの楽しい旅行:ホテルにて

各国のホテルに鶏さんたちが宿泊することになりました。

まずは、ネパールのあるホテルでの良かったところを人数を示して十つあげてみました。

その1: めちゃめちゃ歓迎されたが特に鶏だからか?歓迎されたこと。(790人)

その2: 人も動物もみな仲良しだったこと。(20人)

その3: 綺麗で清潔で暖かそうなマットがしいてあったこと(7?人)

その4: とっても居心地のいい音楽が聴けたこと。(870人)

その5: 喫煙家・禁煙家にも優しい部屋があったこと。(600人)

その6: 買い物に不自由しないところだったこと。(240人)

その7: 鳥語に翻訳された字幕のついたカラオケがあったこと。(540人)

その8: 美味しくて健康そうなコーヒーを飲みながらテレビゲームができたこと。(740人)

その9: 綺麗な空気と綺麗な樹木、山々がうつくしかったこと。(630人より多い数)

その10: おいしいものが食べられたこと。(700人より多い数)

その11:ダイレク、ジャジャルコート、ドルパ、ジュムラ、カリコート、ムグ、フムラ、バジュラ、バジャン、アチャム、ドティ、などの地名と写真のある図解がたいへん印象だったこと(少数)

ラベル:鶏物語 鶏の物語
posted by doubutsubook at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | にわとりの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。