動物の本、通販へ

2010年05月24日

字余り連歌師うさぎ

世の中には素晴らしい和歌をつくる兎さんがたくさんいると評判の町があり、そこには、土日平日と夜間早朝に関わらず多くの人が訪れる人気のスポット。

最近の若い人にも人気の新しい日本のニュージャンルスポットになるような見本の場所になる勢いで日本だけでなく海外からも、節度ある程度に注目されている場所になっています。

そんなところにおられる素晴らしい和歌が作られる町にちょっとした異変がおこりました。それは、ある兎さんが、7文字以上が8文字以上になったり、5文字が7文字以上になったりと字数の型をはみだして、つくりはじめたのです。

そこに総元締め兎さんが、字余り和歌作成の禁止令を布告しはじめたのです。

しかし、この評判の町はとても広く、字余り和歌をつくる兎さんのすむところは、とても田舎のほうにあるうえにおまけに、高い山々に囲まれてるので、中央の監視が届きにくいところにあるので代々今でも字余り和歌の残された資料がたくさん残っていると聞いています。


posted by doubutsubook at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | うさぎの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

兎の円盤移動

Aうさぎ王の塔、 Bうさぎ王の塔、 Cうさぎ王の塔という 三ヵ所に大きな塔があり、

そこに、驚くことに、Aうさぎ王の塔のところに、大きな円盤UFOが三つ重なり着陸したのです!

でも電源が切れて動かなくなりました。

そこでAうさぎ王は、こまり果てて、Bうさぎ王のところに全部移動することを要求し、あっさりとBうさぎ王は承諾しました。

難しいことが2つあって、それは、Aに重なった円盤UFOは、一番上のものが一番かるく 2番目のものがその次に重く、3番目のがその次に重いのです。A王様から命令されたことは、そのUFOを絶対に壊してはならないとのこと。

その命令とあと一つは、絶対に塔以外にの地面などには置いてはならないとのこと。Cうさぎ王の塔をつかっていいことは了解済みです。

そこで賢いうさぎたちは早速移動に取り掛かりました。次のような手順で。

1番目のUFOをAうさぎ王の塔からBうさぎ王の塔に移動しました。
2番目のUFOをAうさぎ王の塔からCうさぎ王の塔に移動しました。
1番目のUFOをBうさぎ王の塔からCうさぎ王の塔に移動しました。
3番目のUFOをAうさぎ王の塔からBうさぎ王の塔に移動しました。
1番目のUFOをCうさぎ王の塔からAうさぎ王の塔に移動しました。
2番目のUFOをCうさぎ王の塔からBうさぎ王の塔に移動しました。
1番目の UFOをAうさぎ王の塔からBうさぎ王の塔に移動しました。

無事に全部、Bうさぎ王のところに移動できたころには、
うさぎたちはもうヘトヘトでもうなにもする気になりませんでした。
でもニンジンとサラダはたくさんたべるのでした。
posted by doubutsubook at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | うさぎの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

食べるために生き抜くうさぎ

うさぎの好きな花モンゴリアを主食にするうさぎさんのお話。

4月〜7月初旬にかけて(約3〜4ヶ月)、強い香りを持続的に放つモンゴリアの花を求めてうさぎたちの旅がはじまります。

それ以外の期間はうさぎは冬眠しているか、寝ているか、何をしているかまだよくわかっていません。

遠い昔の今ではみつかっていない新種のいたうさぎの種族の話です。

とてもとても高い樹に咲くこの花はうさぎさんにとってはおてのもの。

だけどここの樹を見つけるのと近づくまでがたいへんなのです。

なぜなら、この樹は他感作用という物質を枯葉などにもっていて、その影響で、すぐ近くには、他の樹が生えてこないからです。しかも同じ種類の樹さへ生えてきません。

だからこのモンゴリアの樹をみつけたとしてもたったの一つだけです。

そんなようやく見つけた樹のそばには、何もさえぎるものがないので天敵の狼や鷲などの獲物になりやすく、とても危険な場所なのです。

この樹の寿命は60年前後でそれほど大きくないので、それほどたくさん咲く樹でものないので
食べられたあとはまた遠くまで、このモンゴリアの花の咲く樹を探しに出発するのでした。

そして落葉してしまう季節になるとうさぎたちもどこかへといなくなるのでした。
posted by doubutsubook at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | うさぎの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

人も兎も変わらない保険金額?

うさぎの国の生命保険金は安くて、

年間で約760円

しか〜し。自動車保険金はちょっとお高めのようです。 以下に詳細計算。

生命保険の年間支払い金額は7万5千円
分割では6千300円
最初の月は1万3千860円


ちなみに万が一事故が起きたときに支払われる金額は以下だから、なっとくの
支払い金額かもしれません。

対人保険金額;2億円
対物保険金額:5000万円
搭乗者保険金額:2000万円

人から見てもこの金額が支払われたら?魅力的ですよね?
でも、もう少し安くならないものかと日々悩んでいるようで、

様々な保険会社が日々魅力的なサービスを試みものもでは、一部のうさぎさんたちの間で評判のようですが、まだ広く普及するところまでは行ってはいないようです。

ちなみにこちらの支払い額での自動車保険でない保険でおりる死亡時の金額は2億円とのこと。じゃぁ 自動車保険の加入はやめて生命保険だけにしときます?
運転しない人と事故を絶対起こさない人ならいいでしょうけどね。

posted by doubutsubook at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | うさぎの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。