動物の本、通販へ

2010年05月14日

親に食べ物を与える虎

虎の好きな花モンゴリアを主食にする虎さんのお話。

4月〜7月初旬にかけて(約3〜4ヶ月)、強い香りを持続的に放つモンゴリアの花を求めて虎たちの旅がはじまります。

それ以外の期間は虎は冬眠しているか、寝ているか、何をしているかまだよくわかっていません。

遠い昔の今ではみつかっていない新種のいた虎の種族の話です。

とてもとても高い樹に咲くこの花は虎さんにとってはたいへん難しいのです。

しかし子供だけは起用に太い枝にあるほうのところに咲いてる一部の花はたべることができます。

それを一部親に与えてる子供もいるようです。


また、この樹は他感作用という物質を枯葉などにもっていてすぐ近くには外の樹が生えこないのでこの樹以外はなく広々としていて気持ちがいいのですが、同じ種類の樹はこれ一本以外は生えてきません。

なので見つけた樹はたいへん貴重なものなので、皆たべられる分だけたべようとします。

この樹の寿命は60年前後でそれほど大きくないので、それほどたくさん咲く樹でものないので
食べられたあとはまた遠くまで、このモンゴリアの花の咲く樹を探しに出発するのでした。

そして落葉してしまう季節になると虎たちもどこかへといなくなるのでした。
posted by doubutsubook at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | とらの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149835498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。