動物の本、通販へ

2010年05月10日

虎のすむ惑星

多くの多種多様な好みや考えをもった虎の住む地球。

虎がこの世に現われてから数1000万年。

途方もない月日が経過しているが、まだまだ各地で争いが絶えない。

多くの国が栄え文明が発達しては、また滅び、原始にもどりまた発達していき滅びゆき最初にもどるという繰り返しの歴史。


虎らしいとは いったいどういうことなのか。・・・・ 歴代虎の国家は考えていました。


あるたいへん栄えた文明は、虎の住む地球以外にも虎のすむ惑星にいくことができました。

もちろん、言葉も風習も文明も違う星に住む虎たち。

虎の住む惑星はいくつもあることを知っていましたが、すべてのところに行くことはことはできません。

より高度な文明をもった虎の住む惑星にも行くことを許されていましたが、文明がほろびゆくとともにその惑星へ行くことも許されなくなってしまいました。

そういう先祖の歴史があったことを今の虎たちは知っているのでした。

その記録されたものを「虎の惑星ならべかえ」と呼ばれてるとのこと。
posted by doubutsubook at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | とらの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。